虫歯だけではない、歯のトラブル

虫歯でない歯のトラブルもあります

歯と歯茎の間にゴミを放っておくとそこにたくさんの細菌が溜まってしまい、周辺の歯肉が赤くなったり腫れたりします。
歯周病と言うお口の中の疾患で、痛みがほとんどないので進行に気付かない人も多いのが問題です。
知らないうちに歯と歯肉の境目が深くなり、歯茎が下がっていきます。
土台がもろくなるため、ひどくなると歯を抜かなくてはならなくなってしまいます。
また、歯が腫れる、口臭がひどくなった、そのような症状があれば歯槽膿漏かもしれません。
歯周病も同様ですが、自覚症状のないうちにだんだん進んでいきますので気をつけてくださいね。
最終的には歯が抜けおちてしまうこともあるので、そうならないためにも早めの治療をお勧めします。

冷たいものがしみるのはなぜ?

アイスクリームを食べた時、熱いお茶を飲んだとき、虫歯でもないのに歯が痛くなることはないですか?
知覚過敏という言葉をご存じの方は多いでしょう。
歯の表面(エナメル質)が傷つき削れてしまう事で、痛みを感じる部分(象牙質)が露出して起こります。
原因としては、間違ったブラッシングや、夜中の歯ぎしりで引き起こす可能性があるといわれます。
あるいは、歯周病で歯肉が後退することによって知覚過敏の症状があらわれることもあります。
加齢とともに起きやすくなるので、特に気にしない方もいらっしゃいますが、別の疾患の症状が進行していることもありますから「歯が沁みる」と感じたときは医者さんで一度見てもらった方がいいでしょう。
知覚過敏でなくても、以前治療した所が再度悪化しているかもしれません。
虫歯ではなさそうだから、と自己判断で済ませないでくださいね。


▲ TOPへ戻る