意外とできていない、正しい歯の磨き方

力まかせは逆効果

歯を磨く時、一般的には歯ブラシを歯に当てて磨いていきますよね。
この時、力をかけてゴシゴシ磨いてはいませんか?
力まかせに磨いてしまうと、上手に磨けません。
そればかりか、歯茎を傷つけてしまい知覚過敏の原因にもなるようです。
柔らかいタワシで試していただくと分かりやすいと思いますが、力を入れると真ん中から二手に分かれてしまいます。
それでは磨きたい場所を磨くことはできません。
歯医者さんに聞いてみたところ、力を入れ過ぎず、頬の内側の歯を磨く時などは全く力を入れず磨いてもいいくらいだそうです。
ほっぺにはさまれる力だけで擦るくらいで十分どのことでした。
一本ずつ、出来れば鏡で見ながら歯の根元の食べかすを取り去るイメージで磨いてください。

電動歯ブラシってどうなの?

最近は、電動歯ブラシもお手頃な価格のものがたくさん出てきて以前より身近な存在になってきました。
手を動かさずに磨くことができますし、細かい所の汚れまで落す事ができます。
歯の汚れを振動によって砕いて落すため、力を入れなくてもきれいに磨けるのです。
その反面、気をつけなくてはいけない点があります。
歯磨きの際、普通の歯磨き同様に手を上下に動かして磨いてしまうと電動の振動が歯に伝わりません。そのためかえって汚れが残ってしまいます。
それから強く押し付けすぎると歯や歯茎を傷つけますので注意が必要です。
また、低価格の商品が出てきたと言っても、中には効果の低いものもありますし、ブラシ部分を定期的に交換しなくてはいけないのでメンテナンスコストがかかります。
色々な面を踏まえて、ご自身にはどちらの歯ブラシが使いやすいか、ご検討の参考にしてみてください。


▲ TOPへ戻る